特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉- Takehiko Inoue interprets Gaudi’s Universe

DETAIL

開催日時
参加費 【当日券】一般1500/大学生1000/高校生・65歳以上750/ 【前売り・団体料金】一般1300/大学生800/高校生・65歳以上650/
開催場所 兵庫県立美術館ギャラリー棟3階
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通 1-1-1[HAT神戸内]
GoogleMapへ
詳細URL http://www.gaudinoue.com/
シェア
rss
cal

Post by

特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉
– Takehiko Inoue interprets Gaudi’s Universe

19世紀~20世紀にかけて、バルセロナを中心に活動したアントニ・ガウディは、
今もなお造り続けられているサクラダ・ファミリア聖堂をはじめ、グエル公園、カサ・ミラなど、
数々の独創的な作品を遺しました。
ガウディ建築は、他のどの様式にも完全に属することのない唯一無二の存在として
知られ、世界中の人々を魅了してやみません。

一方井上雄彦は日本にバスケット・ブームの火をつけた「SLAM DUNK」をはじめ、
「バカボンド」や「リアル」など国民的な人気漫画作品を描くことにとどまらず、
近年は個展の開催や京都・東本願寺に描いた親鸞の屏風絵など、漫画家の枠におさまらない
様々な活動もおこなっています。

2013年12月には日西交流400周年の親善大使にも任命されるにいたしました。
本展はがガウディに関する貴重な資料約100点と、井上雄彦による描き下ろし約40点
により、ガウディの偉業とその人間像にせまるものです。
異なるジャンルで日西を代表する二人のアーティストによる時空を超えた、
そしてまたとないコラボレーションをご堪能ください。

※ 画像及びテキストの著作権は引用元に帰属します。

サグラダファミリアで知られる建築家アントニ・ガウディと
漫画家井上雄彦のコラボレーション展がついに関西にもやってきました。
国も時代もジャンルも違うアーティストのコラボレーション、 どんなものになるのか楽しみです。
講演会もあるという事で要チェックですね!

ACCESS

兵庫県立美術館ギャラリー棟3階

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通 1-1-1[HAT神戸内]

rss
cal

掲載情報は2015/02/13現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • バナー置き場
  • お問い合わせ

PAGE TOP