GRAPHIC WEST 6 大阪新美術館建設準備室デザインコレクション 『熱情と冷静のアヴァンギャルド』

DETAIL

開催日時
参加費 無料
開催場所 dddギャラリー
大阪市西区南堀江1-17-28 なんばSSビル1階
GoogleMapへ
備考 地下鉄四つ橋線なんば駅徒歩5分
詳細URL http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=2&seq=00000618
シェア
rss
cal

Post by

「大阪からの視点が切り拓く新たなアートシーンの発信拠点」として、近現代美術・デザインに特化した新しい美術館の整備を目指す大阪新美術館建設準備室のデザインコレクションは、2012年にサントリーポスターコレクションの寄託を受けてグラフィック部門がさらに充実し、質量とともに日本トップクラスの評価を受けています。 今年のGRAPHIC WESTは、この日本屈指のデザインコレクションから、1920年代から30年代のモダンデザイン発展期と、戦後1950年代から60年代のモダンデザイン成熟期の作品群、およそ50点を展示します。 デザイナーが挑んだ「世界を<変える>」と「世界を<生成する>」グラフィックデザイン。革命と戦争に挟まれたロシアアヴァンギャルドからバウハウス、戦前の成果を引き継ぎ、戦後、国際的に展開したスイスやオランダの多彩なグラフィックなど、社会の動乱や改革の波のなか、夢や理想を追い、デザインを介して新しい社会を構築すること、時代にふさわしい合理性を追求することを目指した、ときに熱く、ときに冷たい20世紀デザインのアヴァンギャルドを体験してください。
via dddギャラリー.

何十年も前の作品だけど、今見てもかっこいい作品って結構ありますよね。 今見ると逆に新しいデザインってのもあるかも。 デザイン史に詳しい訳ではないので、あくまで私のイメージですが この時代の作品はタイポグラフィのおもしろいものが多い気がします。 モダンデザイン発展期とモダンデザイン成熟期でどのようにデザインが変わっていったのか 見比べてみるのもおもしろいと思いますよ。

ACCESS

dddギャラリー

大阪市西区南堀江1-17-28 なんばSSビル1階

地下鉄四つ橋線なんば駅徒歩5分

rss
cal

掲載情報は2013/12/23現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • バナー置き場
  • お問い合わせ

PAGE TOP