KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2015

DETAIL

開催日時
参加費 【前売りパスポート】
一般 2,000円(4月17日まで発売)

【パスポート】
一般 2,500円 
学生(大学・高校・専門生) 1,500円

【各会場チケット】
■堀川御池ギャラリー、嶋臺ギャラリー、
両足院(建仁寺内)
一般  700円
学生(大学・高校・専門生) 500円

■それ以外の会場 
一般、学生(大学・高校・専門生)どちらも 500円
開催場所 堀川御池ギャラリー、嶋臺ギャラリー、両足院他
詳細URL http://www.kyotographie.jp/
シェア
rss
cal

Post by

[今年のテーマ]
「TRIBE – あなたはどこにいるのか?」

「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」は、世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭です。日本および海外の重要作家や貴重な写真コレクションを、趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展開し、伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションを実現するなど、京都ならではの特徴ある写真祭を目指しています。また、京都が一年でもっとも美しくなると言われる春の季節に、約3週間にわたって開催されることも大きな特色の一つと言えるでしょう。

第3回目となる今年は、会場を15カ所に設置、計9カ国14組の作家が参加します。期間中は、展覧会場のほかに、、市内各所の画廊、カフェ、教育施設など約50の会場で、国内外の若手作家展を中心としたサテライトイベント KG+(ケージープラス)や、子どもから大人までを対象とした様々なパブリックプログラムも多数予定されています。

今週末から第3回KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2015がはじまります。
国内外のフォトグラファ―の選び抜かれた作品が京都各所で展示されます。
1つのテーマがあるとはいえ、それぞれの作品は多種多様。
いろいろな表現、世界があっておもしろいのではないでしょうか。
また、美術館やギャラリーだけでなく、寺社や町家なども会場となっており
作品と会場がどのような融合を生み出すのかも見どころですね。
展示だけではなく、アーティストトークやワークショップ、ライブなどもあるようです。

そして、 KYOTOGRAPHIEのサテライトイベントとして、KG+も同時開催。
京都市内の50のスペースにて、約70組の作家・グループの展覧会が行われているので
あわせて見てまわってみてはどうでしょうか。

これから3週間、京都が写真で熱い☆

※ 画像及びテキストの著作権は引用元に帰属します。

rss
cal

掲載情報は2015/04/16現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • バナー置き場
  • お問い合わせ

PAGE TOP