マグリット展

DETAIL

開催日時
開催場所 京都市美術館
詳細URL http://www.fashion-press.net/news/13697
シェア
rss
cal

Post by

2015年3月25日(水)から6月29日(月)までの間、東京・六本木にある国立新美術館で、展覧会「マグリット展」を開催。また2015年7月11日(土)から10月12日(月・祝)のまでの間、京都にある京都市美術館でも実施される。

ルネ・マグリットは、ベルギー出身の20世紀美術を代表する芸術家。言葉やイメージ、時間や重力などが持つ固定概念の枠を飛び越えた独特の世界観が、日本を含め世界中で高い人気を誇る。13年ぶりの大回顧展となる、本展では、2009年6月の「マグリット美術館」開館の際に集結した、コレクションやアーカイブを含む、約100作品を展示。5章に分けて、初期から晩年までのマグリットが生み出す芸術の変遷と魅力を紹介する。

※ 画像及びテキストの著作権は引用元に帰属します。

 

京都での展示はまだ詳細な情報が出ていないようですが、今回の展示は大規模な回顧展のようで絶対見に行きたいです!

Scoobかよこの一言(こっそり補足)
———————————
事情があり関西のマグリット展にはいけなさそうなので、
先に東京のほうで先にみてきました!
マグリットの生涯の作品を堪能できるとても面白い展示会。
時代や周りの環境に影響され、年齢によっても絵のタッチがだいぶ変わっていきます。
また思想を超えた奥深いモチーフを描き、見る側を考えさせる作品も多く、
とても興味深く作品を鑑賞できました。
私のお気に入りは、空に浮かぶ岩をモチーフにした作品のシリーズ、
そして鳥のシルエットが空になっているもの、そして不思議の国のアリスです。
不思議なものから、メルヘンなもの、タッチが荒い作品まで様々な見所があるマグリット。
なかなか公にされない作品たちばかりです。この機会にぜひ見に行ってはいかがでしょうか。

rss
cal

掲載情報は2015/07/17現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • バナー置き場
  • お問い合わせ

PAGE TOP