『魔女の秘密展』ベールに包まれた美と異端の真実

DETAIL

開催日時
参加費 【当日】一般1500円/大学・高校生1200/中学・小学生600円 【前売り・団体】一般1300円/大学・高校生1000/中学・小学生400円
開催場所 大阪文化館・天保山(海遊館となり)
〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10
GoogleMapへ
備考 地下鉄:中央線「大阪港」駅下車、1・2番出口より徒歩5分 市バス:「大阪駅88系統・難波60系統」に乗車し、「天保山」下車徒歩3分 車:阪神高速道路、大阪港線、湾岸線「天保山出口」より来るまで5分 ※専用駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用下さい。
詳細URL http://majo-himitsu.com/
シェア
rss
cal

Post by

魔女の秘密展
~ベールに包まれた美と異端の真実~

日本では知り得なかった”魔女”がここにー!
ヨーロッパの魔女の歴史と真実を日本初公開。

①日本初!”魔女”をテーマとした本格的かつ大規模な展示会!

②ドイツ、オーストラリア、フランスの30ヶ所以上の美術館・博物館から貴重な作品約100点を公開!

③ヨーロッパの「魔女裁判」で実際に使用された道具類が初来日!

④メディアインスタレーションを使用し、「異端審問」や「火あぶり刑」のシーンを体験!

【記念講演会】
3月7日(土)記念講演会①

「悪魔と魔女の宴―ワルプルギスの夜とは?」

本展覧会の導入として、冬の魔を退治し、春を迎える民間の行事「ワルプルギスの夜」がなぜ悪魔と魔女のおぞましい宴になってしまったのか、そもそも魔女と悪魔とはどんな存在なのかを解説。現代の祭りとしてのワルプルギスのことにも触れながらお話しいただきます。奮ってご参加ください。

講師:西村佑子氏(本展監修、ドイツ文学者)
日時:3月7日(土)14時~15時半
会場:大阪文化館・天保山2階
定員:70名(当日13時半より整理券を配布)
参加費:無料(ただし、当日の本展観覧券が必要)

4月4日(土)記念講演会②

「魔女は本当に存在したか―魔女狩りにみる近世ヨーロッパの闇」

人気の存在である現代の魔女のイメージと、魔女狩りによって迫害された「魔女」が実は異なることや、そもそも魔女とは何者なのか、みなさんはご存知でしょうか。本講演では、魔女狩りの歴史を中心に、現代と近世の魔女のイメージがどのように作られたのか、また、どう異なるのかをご講演いただきます。
 
講師:黒川正剛氏(太成学院大学教授)
日時:4月4日(土)14時~15時半
会場:大阪文化館・天保山2階
定員:70名(当日13時半より整理券を配布)
参加費:無料(ただし、当日の本展観覧券が必要)

※ 画像及びテキストの著作権は引用元に帰属します。

魔女がテーマという今までにないリアルファンタジーな展覧会です。
巡回展となっており最初は大阪にて開催されます。
魔女はどこから来たのか、魔女は存在するのか、魔女狩りの理由とは…等々
作品を通じて魔女の歴史を知る事が出来そうです。

講演会や有名漫画家による描き下ろし原画もあるそうで楽しみです。
魔女の格好をして行くと特典もあるそうですよ!

ACCESS

大阪文化館・天保山(海遊館となり)

〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10

地下鉄:中央線「大阪港」駅下車、1・2番出口より徒歩5分 市バス:「大阪駅88系統・難波60系統」に乗車し、「天保山」下車徒歩3分 車:阪神高速道路、大阪港線、湾岸線「天保山出口」より来るまで5分 ※専用駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用下さい。

rss
cal

掲載情報は2015/02/13現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • バナー置き場
  • お問い合わせ

PAGE TOP