dddギャラリー第200回企画展 「THE NIPPON POSTERS」

DETAIL

開催日時
参加費 無料
開催場所 dddギャラリー
京都府京都市右京区太秦上刑部町10
GoogleMapへ
備考 最寄り駅は
■ 地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
■ 嵐電嵐山本線 嵐電天神川駅
■ 市バス・京都バス 太秦天神川駅前下車
詳細URL http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/
シェア
rss
cal

Post by

移転後第1回目となる企画展は、京都太秦開館記念として「THE NIPPON POSTERS」を開催いたします。
戦後のグラフィックデザイン黎明期から今日までの現代日本のポスター作家たちは、日本の伝統美術の特質を受け継ぎつつ、各々の個性により再構築しながら、多様な表現を生み出してきました。本展ではDNPグラフィック・デザインアーカイブ収蔵作品の中から、日本独特のグラフィックデザイン表現と伝統文化との関連性に焦点をあてた作品を選定し、田中一光氏、永井一正氏、横尾忠則氏をはじめ、多様でありながら日本独特の伝統美の血脈を感じさせる傑作ポスターを133点、一堂にご紹介するものです。また会場では日本を代表するウェブデザイナー中村勇吾氏の展示作品を素材にしたインタラクティブ映像も展示いたします。作家それぞれの個性の中に垣間見られる「NIPPON」をおたのしみください。

※ 画像及びテキストの著作権は引用元に帰属します。

dddギャラリーが大阪から京都へ移転しましたね。
私としては、遠くなってしまったので、少し行きづらくなってしまいましたが
噂では以前の2倍くらいの広さがあるとか。
これから新たな試みも始めていくということで、今後も要チェックです!
移転後最初の企画は「NIPPON」をテーマとし、
戦後からの日本の傑作ポスターが一堂に並びます。
日本らしさとは?モチーフ?色使い?
日本の伝統を受け継ぎつつ、
時代の流れととともに新たな表現も生まれ
変化しながら続いてきた日本のグラフィックデザイン。
時代によっての違いもあるでしょうし、
もちろんデザイナーそれぞれの個性もあるでしょうし、
それぞれの「NIPPON」を見比べてみてはどうでしょうか。
同じモチーフでも表現方法が違うとこうも違う!?というのもあって
おもしろいかもしれませんね。
さらに、今回は中村勇吾さんのインタラクティブ映像の展示もあるということで
これは必見ではないでしょうか。

ACCESS

dddギャラリー

京都府京都市右京区太秦上刑部町10

最寄り駅は
■ 地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
■ 嵐電嵐山本線 嵐電天神川駅
■ 市バス・京都バス 太秦天神川駅前下車

rss
cal

掲載情報は2014/10/11現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • バナー置き場
  • お問い合わせ

PAGE TOP