田中一光ポスター展

DETAIL

開催日時
参加費 一般 430(220)円 大学生 130(70)円 (詳細は公式サイトをご確認ください。)
開催場所 国立国際美術館
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
GoogleMapへ
詳細URL http://www.nmao.go.jp/exhibition/exhibition_b2.html
シェア
rss
cal

Post by

グラフィックデザイナーとして、戦後日本の視覚文化の形成に大きな足跡を残した田中一光(1930~2002年 奈良市生まれ)。そのポスターの仕事の中から、選りすぐりの作品を紹介します。田中一光は、京都市立美術専門学校卒業後、鐘淵紡績、産経新聞社でデザイナーとして活動を開始しました。23歳で日本宣伝美術会(日宣美)会員になると、57年、拠点を東京に移し、63年に独立して「田中一光デザイン室」を主宰します。以後、東京オリンピックを始めとする数々の国家的行事や、セゾングループ、無印良品などのデザイン事業に関わり、海外でも多くの個展を開催するなど、国際的にも高い評価を得ました。
田中のデザインの特徴は、日本の文化や伝統芸術と、戦後欧米のモダンデザインとの融合にあると言えるでしょう。それは田中自身の美意識の発露であり、創作の原点であると同時に、終生一貫したテーマでもありました。
ぜひこの機会に、田中一光の造形の魅力と、彼が目指した芸術の世界の深淵に触れてみてはいかがでしょうか。

※ 画像及びテキストの著作権は引用元に帰属します。

同スケジュールで「森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき」も開催されています。

この機会にぜひ。

ACCESS

国立国際美術館

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55

rss
cal

掲載情報は2016/05/11現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • バナー置き場
  • お問い合わせ

PAGE TOP